読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エレコムを予約なしで買うならココっ♪トラックボール人差し指の通販価格を比較し「1つだけ」厳選紹介 |

格安
。 一日8時間ほどパソコンを使用する私の場合!最初の3日間は!思うように操作できず!苦痛で使い慣れた「マウスを使いたい」という衝動にかられた。扱ってみて初めてわかる。

こちらになります♪

2017年02月17日 ランキング上位商品↑

エレコム トラックボール 人差し指エレコム USBトラックボール(人差し指操作タイプ) M-DT1URBK [MDT1URBK]

詳しくはこちら b y 楽 天

誤って指が触れると、予期せぬ誤操作を招く(慣れとともに大幅に軽減)以上自宅周辺の量販店での取り扱いが無く、ここで見つけました。専用のドライバを入れることで、たくさんあるボタンをフル活用できるようですが、まだ入れていません。ボタンがたくさんあって!まだ配置に慣れていないので!ブラウザの進む・戻るの操作をする時にも一瞬考えてしまいますが!すぐに慣れてくると思います。別途「ひじ掛け」があれば、三点目の支点が増えて腕の重さが分散され、手首の圧迫はより軽減できると思う。ずっと握ってたかーと思う一品だった。親指操作も悪くはなかったのですが!人差し指操作タイプも使ってみたかったんです。 本製品は工業品としては良くできている。手の平が暑くなりやすい私にはマイナスです。トラックボールの左右にある4つのボタン+スクロールで使用しています。ボールが二回り小さくなったので最初は違和感がありましたが!直ぐに慣れました。通常のマウスは、手首を支点に操作するため、圧迫されて手首が痛くなる。ファンクションキーの操作を人差し指でしているので、ボールは中指で右端のボタンは薬指で操作しています。購入後一月利用してみてですが、形状的に深く手の平に握る様に求めらてきますが、手の平中央に当たる部分のマットな触感が心良くないです。そんな人が本製品を使うと!トラックボールという入力装置そのもの評価を下げることになるため!自粛するのが賢明に思う。(親指操作タイプは少し大きめだったので)腱鞘炎のため人差し指操作のトラックボールでスクロールホイールがついた機種をすっと探していたところ!本器種が発売になったので即購入しました。慣れるまで!ちょっとイラッとしますが!慣れると手首に負担が無く!必要スペースも最小限でいい感じです。それでもリストレストに腕を置いて、指先で全ての操作ができるのは快適です。マウスを使用する際は指先の操作だけで動かしていたので、今ではこちらの方が使いやすい位です。この人差し指版は、いまのところ回転むらなどでていません(親指版は買ってすぐにムラがあり、どうやっても解消しませんでした)。(2)ボタン位置がもうちょっと!?特にホイール操作時に戻る・進むボタンにふれてしまい予期せぬ動作をすることがたびたび。。いまは、KensingtonのExpertMouseを使っています。サンワサプライのMA-TB38Rからの買い替えです。トラックボールは人差し指ではなく、中指で操作しています。参考までに手を思い切り広げると、親指の先から小指の先までの長さが19cmです。 最後に本製品を使用して気になった点を挙げておく(専用ドライバーソフトは導入せず)。肝心のボールは思ったよりも小さく!親指版と同程度のサイズです。希望する機能は満たされていますが、以下に若干の不満点・・・(1)ボールが軽い、もう少し重いほうが好み。 左ボタン3つは!上から左ボタン!戻る!再読み込み 右ボタンは!標準設定(右ボタン)スクロールは!小指で使用。しかし、現在使用中のマウスに不満がない人が、あえて本製品を選択する程の加点要素はない。握りのコンセプトは同じでも、こんなに品質が違うものなのか、と驚いています。上下スクロールのホイルも、カチカチではなくゴロゴロという感触ですが、不快ではないですし確実に操作できるので、安心できます。すごか〜!めっちゃ使いやすかー。基本的には、進むと戻るがあれば、いまのところ十分です。副産物はショートカットキーを覚えたことです。まだ1時間ほど使ってみた感想ですが、ExpertMouseのほうがやはりメインになりそうに思います。親指版は!進む・戻るのボタンがふらふらしていて壊れそうな感触がありましたが!こちらはそのボタンもしっかりしています。幾ら掃除してもボールが引っ掛かるようになったり!ホイールが回らなくなて来たので!以前から気になっていた本機を購入しました。もう少し大きくて重いほうが操作が安定しそうですが、指の配置を考えると、親指版ほどデザインに自由度は無いのかもしれません。中央部が足で言うところの甲高な感じで、マウスと手の平の間に空間ができづらいです。これはいいぞ!使わない人には分からない親指版も持っていますが、それはボールの回転の検出にムラがあって微妙な操作がしにくく、ストレスが溜まって使い物になりませんでした。(設定で!ポインターの速度などをカスタマイズ)思った以上に使いやすくなりました。しっかり回転を検出してくれ、クリック感もばっちりです。 一方!「マウス → トラックボール」への変更は!慣れるまでに時間を要した。ボールの大きさとスクロールリングの便利さが理由ですが!それでも慣れるまで!もうしばらくこれも使ってみようと思います。一月ほど経つ最近では、以前のマウス同様にストレスなく操作できるようになっている。こげなマウスを待っとったバイ。コンパスの差のせいか、マウスが甲高なせいなのか人差し指では遊びが無いせいで使いづらいからです。。その軽減を目的に、評判の良かった本製品を購入した。そもそも親指でホイールを操作する事が初めてなので違和感がありますが、慣れれば使いやすいのかな?左手使いです。 ◎週に一度程度は、ボールを外して清掃が必要(簡単にできる)◎ボール表面の脂分(主に指紋)を拭き取ると、ポインタを意図した箇所に操作し難くなる◎私には不要な操作ボタンが多過ぎる。逆に以前のマウスは、意識しないと操作できないくらいだ。首こり・肩こりが解消されました。基本的に人差し指トラックボールが好きなので!こちらも購入です。 ただし、物理的に手首と肩の二点以外に、腕の重さを支える箇所がないため、完全には手首の圧迫はなくならない。利用シーンごとに切り替えています。また!ボールを支える内部のポイントにゴミが結構貯まります。操作性は非常に良いです。指の配置は!人差し指:右ボタン!中指:トラックボール!薬指:左ボタン3つです。ファンクションに登録することで、作業スピードが相当あがりました。いまも時々使っていますが。 結果は!手首を支点にした操作がなくなったため!その圧迫痛は「大きく軽減」した。初のトラックボールです。 しかし!我慢しながら一週間も操作し続けると!体がトラックボールに慣れ!操作に戸惑うことも少なくなった。これまでマイクロソフトトラックボールオプティカルを使用していましたが、ほぼ同等の操作性ですし、再読み込みボタンが増えた分、楽が出来ます。